HOME > 施設利用案内

施設利用案内

西ノ門館  住所/唐津市北城内1-8 TEL/0955-75-3667 FAX/0955-75-3667

唐津城は初代藩主寺沢志摩守広高が慶長7~13年(1602~1608)に築いた平山城です。唐津市の現在の市街地の中心はその城下町にあたります。この三の丸の西側の出入り口が西ノ門と呼ばれていました。門の内側には西ノ門小路と呼ばれる道路があり、両側には藩士の住宅がならび唐津明神(唐津神社)や藩校志道館(小笠原氏の頃)がありました。このような西ノ門周辺の歴史的ゾーンの一角に、市では平成6年に江戸時代の建造物のたたずまいをただよわせた出土文化財管理センターを建設し西ノ門館と名付けました。



西ノ門館では、唐津市内から出土された江戸時代の唐津焼などを展示している、出土文化財管理保存センターです。また、佐賀県有形重要文化財であります「曳山」の保存修理(塗り替え他)の状況を唐津市民や観光客の皆様にも入館料無料で見学していただく事ができます。
 若手作家を中心とした唐津焼の展示即売コーナーもあり、唐津焼窯元約20軒の作品を取り扱っております。

利用案内

開館時間 午前9時から午後5時まで
休 館 日 月曜日(祝日が月曜日の場合は火曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入 館 料 無 料
 

リーフレット
西ノ門館案内図
 
西ノ門館リーフレット(PDF)

大きな地図で見る

所在地 唐津市北城内1-8
TEL:0955-75-3667
FAX:0955-75-3667
info-nishinomon@karatsu-bunka.or.jp


―西ノ門館ー